• 入江かずたか

○ 予算審査特別委員会としての執行部に対する意見書

令和4年度の当初予算審査にあたり、新体育館と給食センターの建て替えに伴う調査費について、説明不足や資料内容の不備等が指摘され、審査最終日に次のような意見書をとりまとめました。議会最終日の開会前に正副議長と予算審査特別委員会正副委員長とで市長・副市長に意見書を手渡し、改善を求めました。


令和4年度当初予算に関する意見書

以下の事項について、適正な対応を求めます。

  1. 市が実施する主要な施策(新たな施策、将来的に大きな予算を伴う施策、市の方針を転換する施策等)については、議会に対して、途中経過も含め、適切な時期に丁寧な情報提供(報告)を行うこと。また、市民及び関係者に対しても丁寧な説明を行い、合意形成に努めること。

  2. 予算については、その目的、主旨、効果等を明確にしたうえで計上すること。併せて、その妥当性を含め、積算根拠を明確にし、その執行にあたっては、最小の経費で最大の効果を上げるよう努めること。

  3. 特に、体育館建設と給食センター建設(立地場所を含む)に関する予算の執行にあたっては、丁寧な説明を尽くして、議会の理解を得ること。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示