入江かずたか:ホーム




 4月23日に同時に行われた市長選挙、議員の補欠選挙では、いずれも2名が立候補され、市長にはわずか400票弱の差でしたが新人の加地良光氏が4期目を目指した平安前市長に代わり当選されました。議員補欠選挙では、新人の大場美紀氏が当選され、2年ぶりに議会定数18名となりました。特に市長選では市を2分する激しい選挙戦となりましたが、結果が出た以上、行政の円滑な推進のために議会としては選挙でのしがらみを捨て、本来の議会の役割をきちんと遂行していく責任があります。
 6月議会では初日に新市長の所信表名と施政方針が述べられ、今後4年間の市政運営に対する想いが表明されました。選挙でのマニュフェストを施策として取り組んでいくためには、財政課題など現実には多くの課題解決が行わなければ実現できませんので、議会としてもしっかりチェック機能を働かせなくてはなりませんが、新しい施策、政治姿勢に期待して注視していきます。
 さて、空梅雨のような天気が続いた6月でしたが、7月には台風3号の上陸をきっかけとして記録的な豪雨が続き、近隣の朝倉市、東峰村、日田市での河川氾濫、土砂崩れ等による大きな被害となりました。本市では大きな被害はありませんでしたが、一時は筑後川の堤防決壊の恐れもあり、随分心配したところです。
 現段階では死者が34名、行方不明の方も7名ほどいらっしゃいます。お亡くなりになられた皆様には心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様には一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。
 議会としても急ぎ、災議会独自の「議会災害対策会議(仮称)」の組織作りと活動指針を定め、災害時に行政の災害対策本部と連携して市民の安全確保のために行動できる体制づくりを行っていくべきと考えます。
 今後とも皆様のご意見をしっかり伺いながら活動して参りますので、よろしくお願い致します。